やっててよかった新聞奨学生4 生活費に困らない

自分の力で大学に進学する方法として新聞奨学生の制度を利用する方法があります。新聞奨学生とは新聞配達をしながら大学に通う学生のことです。多くの新聞社が新聞奨学生の制度を用意しています。新聞奨学生をすることによって保護者の経済的な負担がなくなります。学費や生活費は新聞社や販売店によって支給されます。ですから大学を卒業するまでにかかる費用は保護者に頼る必要がありません。さまざまな事情によって経済的な負担ができない家庭にとってはうれしい制度だと思います。また、自分の力で責任をもって大学に進学したいと考える学生にとってもうれしい制度だと言えますね。このページでは新聞奨学生をすることのメリットを紹介します。そのなかでも経済的なメリットを説明します。よく理解するとみなさんも新聞奨学生の制度を利用したくなると思います。まずは新聞奨学生の制度とメリットをよく理解してほしいと思います。新聞奨学生になると毎月の生活費に困ることがなくなります。新聞奨学生の生活のなかには新聞配達の業務があります。毎日の新聞配達業務に対して販売店から給料がもらえます。配達業務と集金業務を両方する場合はだいたいの場合で毎月15万円程度の給料をもらえます。15万円があればふつうの生活だと余裕がある生活を送ることができそうです。この給料から食費や衣服代を支出することになります。そのため親にお金を頼ることがなくなります。経済的に自立した大学生活を送ることが可能になるのです。この給料のほかに新聞奨学生は奨学金を支給されます。奨学金は学費に相当する金額をもらえます。国立大学の場合で毎年60万円程度、私立大学の場合で毎年80万円から120万円程度の学費がかかります。このような高額な学費を新聞奨学生の場合は新聞社や販売店から貸与または支給されることになります。大学の学費は高額ですので自分の給料だけから支出することは難しいことです。学費を貸してもらえたり支給されたりすると生活は大変楽になるはずです。学費貸与の場合でも卒業まで新聞奨学生を継続した場合には返済免除になるシステムがあることもあります。返済が免除になりますので実質的には支給と同じになります。このような新聞奨学生は保護者から経済的に自立して大学生活を送ることができます。そのため大きな責任感や自立心が生まれます。このような点も新聞奨学生の大きなメリットだといえますね。