新聞奨学生体験記2 配達先を覚えるコツ

新聞配達は慣れるまで大変な仕事です。なぜなら多くの配達先を暗記する必要があるからです。ひとりで多くの配達先を暗記します。最初のうちは誤配達をすることもあります。このページでは新聞奨学生のこのような苦労話と配達先を暗記するコツを紹介します。新聞奨学生になる人には必見の情報だと思います。しっかり読んでほしいと思います。新聞奨学生の経験者に話を聞きますと多くの人が最初の1ヶ月間の苦労を話します。最初はなかなか配達先を暗記できなかったと言います。平均してひとりの新聞奨学生は150件から200件の配達を担当します。ひとりで200件の住所を暗記するのです。これは想像すると大きな苦労だとわかります。わたしは暗記が苦手なので怖いですね。新聞奨学生の経験者ははじめのうちはたくさん誤配達をしてしまったと言います。誤配達とは異なる家に新聞を配達することです。間違った家に新聞を配達をするので本来配達するはずだった家には新聞は届かなくなります。届かなかった家の人は販売店にクレームをします。あまり多くの誤配達によってたくさんのクレームがくると新聞奨学生にはプレッシャーになります。販売店の上司から注意を受けることもあるでしょう。少しでも早く配達先を暗記する必要があります。しっかり暗記すると誤配達がなくなります。こうするとクレームがなくなりますので安心して業務ができますね。配達先を正しく暗記することはイメージで暗記することです。家の色や形、曲がり角の様子などを絵のイメージとして暗記するのです。地図で覚えようとするとしんどくなります。イメージで暗記したほうが頭のなかに残りやすくなります。多くの経験者がイメージで暗記するコツを理解しました。わたしも大学受験のときに単語をイメージで暗記しましたのでよくわかります。みなさんも新聞奨学生になったときにはイメージでの暗記法を活用してほしいと思います。きっと役に立つときがくると思います。しっかり覚えておいてくださいね。