毎日新聞の新聞奨学生制度

新聞各社では新聞奨学生の制度を用意しています。新聞奨学生の制度とは新聞配達で勤務しながら給料と学費をもらえる制度です。保護者に金銭的な負担をかけることなく大学に進学することができます。保護者の世話になりたくない場合や保護者に金銭的な余裕がない場合には新聞奨学生の制度を使うことができます。新聞奨学生の制度は読売新聞や朝日新聞、毎日新聞などの大手新聞社がもうけている制度です。このページでは毎日新聞の新聞奨学生の制度について説明します。新聞奨学生制度の仕組みをしっかり理解してうまく利用してほしいと思います。毎日新聞の新聞奨学生制度は毎日育英会という組織が運営しています。新聞奨学生を希望する学生は毎日育英会に応募をしましょう。ここで応募が通った場合に新聞奨学生として採用されます。新聞奨学生に採用されると学生は新聞販売店に配属されます。多くの場合、大学から比較的近い販売店への配属になります。毎日新聞の制度では設立以来7万人以上の学生が新聞奨学生制度を利用したそうです。多くの学生が新聞奨学生の制度を利用して大学を卒業しています。毎日新聞の制度は多くの学生が利用している優れた制度であるといえますね。毎日育英会のサポート事務所は東京、名古屋、大阪、福岡にあるそうです。そのため全国のどこで新聞奨学生として勤務していても手厚いサポートを受けることができます。新聞奨学生の勤務のなかで困ったことがあってもすぐに連絡や相談をすることができます。長い大学生活ですのでサポート体制が充実している会社での新聞奨学生制度を利用するべきだと思います。毎日新聞の制度では毎月の給料のほかに大学の学費を支給してもらえます。支給された学費は基本的に返済不要です。卒業までの期間を新聞奨学生として勤務完了できた場合には支給された奨学金の返済は不要になります。だから保護者に学費の負担をかけることなく大学を卒業することができます。これはうれしい制度だと思います。新聞奨学生には毎月の給料も支給されます。これは新聞配達の業務に対する給料です。この給料を利用して毎月の生活費などを支払うことができます。自分の力で大学生活を行おうと思っている人にとってはすばらしい制度です。毎月の給料と奨学金のほかに年に2回のボーナスももらえます。皆勤の場合はボーナスが満額で支給されますので自分の趣味や息抜きのための費用にあてることが可能です。そのほか有給休暇の制度も整備されています。有給休暇を利用すると手当てをもらいながら休日をとることができます。この有給休暇を利用して小旅行や帰省などを行うことができそうです。毎日新聞の新聞奨学生制度に関心をもった人は毎日育英会に問い合わせをしてください。ホームページでは詳しい情報が公開されていますので確認してみてください。