新聞奨学生体験記3 素早く配達するコツ

新聞奨学生の業務は新聞配達です。新聞配達の業務では配達する量が決まっています。1人の新聞奨学生に対して200から300軒分の新聞が割り当てられる場合が多いようです。朝の配達の場合は2時間程度で配達できると思います。配達の分量が決まっていますのでできるだけ早く新聞配達が完了したほうが楽になります。そこで新聞配達を早く完了させるコツが生きてくるのです。まずは新聞配達を早く完了させるコツをマスターしてください。このページでは新聞奨学生のための新聞配達をすばやく完了させるコツを紹介します。ぜひとも内容を読んですばやい新聞配達をマスターしてください。まず、新聞配達を早く完了させるために必要なことをお教えします。すばやい新聞配達をするためには新聞配達の動作を自分の身体にたたきこむことです。人間は何度も同じ動作を反復すると脳で思考することなく動作をすることができます。いわゆる「反射」の動作と同じ理論です。何にも考えなくてもある動作ができるようになると時間の短縮になります。みなさんも毎日通る道のことを思い出してください。何か考えごとをしながらでも気づいたら自分の家についていたなんてことはありませんか。これは毎日同じ道を通ることによって、帰宅の動作が自分の身体に固定化されたということです。動作が身体に固定化されると動作を自動で行うことが可能になります。動作を自動で行うことができると余計な思考がなくなります。そのため動作にかかる時間が減少するのですね。スポーツでも何度も同じ動作を反復します。これによって動作が自動化しますね。新聞配達の場合も新聞配達のルートを暗記して、新聞配達の動作を固定化しましょう。そうすると新聞配達の時間が短縮できます。脳内で新聞配達のトレーニングをすることも大切です。勉強と同じで復習をすると動作の固定化が早くできます。寮に帰ったあとにも新聞配達の動作を繰り返し思い出しましょう。そうすると脳内や身体で新聞配達の動作が馴染んでいきます。