各社の新聞奨学生制度について

新聞会社ではそれぞれ会社で新聞奨学生の制度をもうけています。自分の力で大学に進学したい人にとっては新聞奨学生の制度を利用できます。なかなか最近では厳しい経済環境ですので大学進学の費用を保護者が負担できない場合があります。また、保護者に頼ることなく自分の力で大学進学をしたい場合もあると思います。そこでそのような場合には新聞奨学生の制度を活用することが可能です。新聞奨学生の制度は新聞配達をするかわりに新聞社や販売店が学費などの費用を負担してくれる制度です。この新聞奨学生の制度は新聞社によって制度化されています。新聞奨学生の制度は結構便利なものです。制度の内容は新聞社によって少し違います。このページでは新聞社が制度化している新聞奨学生の仕組みに関して紹介します。新聞奨学生の制度はいろいろありますので確認をしてほしいと思います。さて、新聞奨学生の制度は新聞社によって違います。一番大きな点は毎月の給料の金額です。新聞社ごとに新聞奨学生の勤務内容は少し違っています。たとえば夕刊の配達がない新聞社があります。この場合には勤務時間が短くなるいっぽうで給料が減ります。夕刊の配達業務がない場合には1ヶ月で2万円から3万円程度の給料が少ないですね。勤務時間と毎月の給料は比例する関係ですのでまずは新聞社ごとの勤務内容をチェックしてください。その他、細かい勤務内容に違いがあります。配達業務以外では集金業務や事務業務、勧誘業務などが必要です。細かい業務は意外と時間がかかりますので勤務前には確認をしましょう。そして、奨学生寮での食事の有無などの違いがあります。食事の提供があると毎日の負担が減ります。料理をすることはなかなか時間がかかることです。忙しい新聞奨学生の場合には食事の提供があればうれしいですね。このように新聞奨学生の制度には違いがあります。新聞社による特徴がありますので資料などをよく読んで確認をしましょう。