産経新聞の新聞奨学生制度

日本では大手の新聞社によって新聞奨学生の制度が用意されています。新聞奨学生の制度を利用すると自分の力で大学に進学することが可能です。新聞奨学生には長い歴史があります。今までに多くの学生が新聞奨学生制度を利用して社会人になりました。みなさんもぜひとも新聞奨学生の制度を利用してみてください。このページでは産経新聞の新聞奨学生制度を紹介します。産経新聞の制度の特色をしっかり理解してほしいと思います。産経新聞は他の新聞社の新聞奨学生制度とは異なる点があります。首都圏の産経新聞では夕刊がありません。その他の大手新聞社では朝刊と夕刊の発行をしています。だから新聞奨学生も朝と夕方の2回勤務になります。しかし首都圏の産経新聞では朝刊のみの発行ですので新聞奨学生の勤務も朝だけになります。そのため産経新聞の新聞奨学生は朝刊配達がメインの勤務体制になります。夕方は部活などに時間を使いたい人にはおすすめの制度だと思います。産経新聞の制度では朝刊配達、集金業務、新聞のPR業務が主な業務になります。集金業務は各家庭に出向いて毎月の新聞代金を集金する業務です。集金の業務は月末や月初の時期に集中しています。そのため自分のスケジュールを考慮して業務を行うことができそうです。新聞PR業務とは新規契約者を獲得するためのチラシの配布などを行う業務です。これら3つの業務が新聞奨学生の仕事になります。首都圏の産経新聞の制度では毎月10万4千円程度が給料としてもらえます。新聞奨学生は4週4休の制度で休日をとることができます。そのほかに有給休暇を取得することもできます。突然の体調不良の場合にも安心して休日をとることができそうですね。産経新聞の新聞奨学生制度では食事は基本的に自分で用意します。多くの学生が自炊や外食を行っています。寮で食事を提供されることはないので自分で食事をつくりましょう。大学までの通学費を補助してもらえる制度もあります。大学までの交通費が5000円までの場合は自分で負担をしますが、5000円を超える場合には販売店から交通費が支給されます。大学までの交通費がかかる場合でも安心して大学へと通学することができます。安心して大学生活をすすめることができると思います。