朝日新聞の新聞奨学生制度

新聞奨学生の制度は学生が自分の力で大学に進学することが可能になる便利な制度です。この新聞奨学生の制度は各社によって違います。新聞奨学生の制度は各社ごとに少しずつ違う部分があります。しっかりと違いを探しておいてください。このページでは朝日新聞の新聞奨学生制度について紹介します。朝日新聞の新聞奨学生制度を利用しようと思っている人はしっかり確認しておいてください。朝日新聞の新聞奨学生制度は朝日奨学会という組織によって運営されています。朝日新聞の新聞奨学生制度では学費は貸与ではなく支給という形式になっています。支給された学費を返済する必要はありません。朝日新聞の新聞奨学生には5つのコースがあります。一般の大学生が利用する昼間部AコースとBコース、夜間大学に通う学生が利用する夜間部AコースとBコース、通信課程の学生が利用する通信教育課程コースの5つがあります。自分の学生生活の形態に応じたコースで新聞奨学生の業務を行うことになります。ここでは多くの学生が利用すると思う昼間部AコースとBコースについて説明します。昼間部Aコースでは4年間で最大450万円の学費を支給してもらえます。国立大学より学費が高い私立大学の場合でも4年間で400万円程度で卒業できる場合が多いと思います。昼間部Aコースを利用すると自分で学費をまかなうことが充分に可能だといえます。また学費の支給のほかに毎月の給料をもらうことができます。昼間部Aコースでは毎月15万円程度の給料をもらうことができます。学生にとっては充分な金額をもらうことができると思います。毎月の食費や衣服代に使うことができますね。昼間部Bコースでは4年間で最大360万円の学費を支給してもらえます。1年間あたり90万円程度の学費支給になります。国立大学の場合でしたら年間で60万円程度の学費です。国立大学の学生の場合だと昼間部Bコースで充分に学費をまかなうことができます。私立大学の場合でも比較的学費が安い文系学部だと年間で90万円で収まる学費のところもあります。昼間部Bコースでも学費支給のほかに給料を毎月もらえます。昼間部Bコースの場合は毎月115000円前後の給料になるようです。この給料を利用して学費の支払いをすることもできます。昼間部コースの業務内容は朝刊と夕刊の配達業務、新聞代金の集金業務、新聞のPR業務、その他の事務作業です。Bコースの場合は集金業務がありません。Aコースですと1日の平均勤務時間は6時間、Bコースですと5時間程度になります。しっかり勤務すると自分の力で大学に通うことができます。保護者に負担をかけないすばらしい制度だといえますね。そして配属される販売店によっては朝と夜の食事を提供してくれる場合があります。この場合は最大で29000円の食費負担をすると販売店で食事を提供してくれます。自分で料理をする必要がありませんので時間がない学生さんにとって強い味方になると思います。