その他の会社の新聞奨学生制度

わが国では苦学生のための新聞奨学生の制度が用意されています。日本の大手新聞社では新聞奨学生の制度をもうけています。新聞奨学生の制度では保護者に負担をかけることなく大学に進学することができます。大学進学には数百万円以上の金額がかかります。なかなかふつうに負担できる金額ではありません。最近では厳しい経済環境ですので保護者のなかには経済的な余裕がない場合もたくさんあると思います。このような場合には大学進学を断念する場合もあるかもしれません。しかし経済的な理由で大学進学を断念することは非常にもったいないことです。大学に進学すると将来の収入が増加するという統計があります。そのため大学に進学をしない場合には低収入のままになる可能性が高いといえますね。だから経済的な問題で大学進学を断念することは避けたほうがよいですね。そこで新聞奨学生の制度が力を発揮します。新聞奨学生の制度を利用した場合は保護者の経済的な負担はほぼゼロになります。保護者の負担がなくなると大学進学の可能性が大きくなります。大手新聞社の新聞奨学生の場合には東京、大阪、名古屋などの大都市での募集をしている場合が多いです。そのためそれ以外の地方で暮らす学生の場合には新聞奨学生の制度を利用しにくい場合があります。そこでこのページでは大手新聞社以外の会社の新聞奨学生制度を説明します。それ以外の会社での新聞奨学生制度は3大都市圏以外での募集をしている場合があります。新聞奨学生の制度を利用できない学生の場合もなんとかなりますので確認をしてください。日本にはたくさんの新聞社があります。大手の新聞社以外に、地域ごとにブロック紙とよばれる新聞があります。このような新聞社ではその発行地域密着した事業をしています。ブロック紙の新聞社による新聞奨学生ではその地方での新聞奨学生制度をもうけている場合があります。まずは自分の住んでいる地域のブロック紙を確認しましょう。もしかすると地域限定の新聞奨学生制度が用意されているかもしれませんのでチェックをすることが大切です。