新聞奨学生体験記1 早起きのコツ

わたしが新聞奨学生の経験者に話を聞いたところ多くの人が苦労の話を話しました。新聞奨学生は雨の日も風の日も仕事がありますので苦労が絶えません。新聞奨学生は苦労がある生活です。そのなかでも早起きの苦労を話す人が多いです。このページでは新聞奨学生の早起きの苦労を紹介します。新聞奨学生の生活内容を実感できると思いますのでみなさんの心の準備に役立つと思います。まずは新聞奨学生の経験者の体験談を紹介します。「わたしは大学時代に新聞奨学生をしていました。親に頼ることが嫌だったので新聞奨学生の制度を利用することにしました。新聞奨学生は学費と生活費の負担はありません。仕事をすることによって学費と生活費が支給されました。毎日の配達は大変でした。そのなかでも朝刊の業務は苦労があります。朝刊の場合は朝の4時から業務がスタートします。4時に仕事をスタートするためには朝の3時半には起きていました。朝の3時はまだみんなが寝ている時間です。深夜の時間帯に新聞奨学生は起きます。この点は大きな苦労でした。」このような苦労話を経験者は語ります。多くの場合、新聞奨学生の朝刊配達の業務は朝の4時頃から始まります。朝の4時から配達の準備をします。そして準備が完了しだい配達へと出発します。このような時間から仕事を始めるためには朝の3時台には起床する必要があります。これはつらいことですね。朝の3時といえば多くの人がまだ熟睡している時間です。このような時間に起床する必要がありますので苦労です。毎日起床時間が早いですので最初のうちはつらいそうです。しかし人間は生活のパターンをつくってしまうと楽になります。新聞奨学生の生活を1ヶ月もつづけると朝の起床にも慣れてしまうそうです。最初のつらい時期を我慢すれば何とかやっていくことができます。みなさんも新聞奨学生をする場合には最初の1ヶ月を耐える必要があることを理解しておいてください。きっと役に立つ日がくると思います。自立した生活をするために朝の起床をがんばってください。