新聞奨学生の生活パターン

このページを読んでいる人は新聞奨学生の制度に興味が大きいと思います。新聞奨学生の制度はあまり知られていないかもしれません。しっかり理解をしてもらいたいと思います。しっかりと新聞奨学生の制度について理解しておくとその後の後悔が少なくなります。大学生活は4年間ありますので途中で新聞奨学生をやめることのないようにしたいと思います。新聞奨学生の生活は一般の大学生の生活とは違う点があります。毎日の勤務がありますのでふつうの生活とは少し異なります。このページでは新聞奨学生の生活パターンについて説明します。ふつうの生活とは少し違う新聞奨学生の生活について理解しておくと新聞奨学生のイメージがふくらむと思います。このページを読んでしっかり理解しましょう。基本的に新聞奨学生は朝刊と夕刊の配達がメインの業務になります。だから販売店には1日に2回出勤することになります。朝の勤務は多くの販売店で4時頃からスタートします。朝はかなり早い時間から勤務しますので寝坊には注意してください。新聞奨学生は3時半には起きましょう。その後、4時前には販売店に出勤して勤務を開始します。まずは販売店で配達の準備をします。新聞のなかに挟むチラシの用意や新聞の積み込みなどを行います。新聞の積み込みが完了したらいよいよ配達の時間です。平均的には4時半ごろに出発して6時頃まで新聞の配達をします。バイクを使用する場合はだいたい150件から200件程度の新聞を配達します。200件程度の配達でも2時間前後の時間がかかります。雨の日の配達は大変ですので雨除けの準備をしっかりしておきましょう。販売店には6時半頃に帰ってきます。これで朝刊の配達業務が完了します。朝の業務はだいたい3時間から4時間前後の勤務になると思います。朝刊の業務が終了したら朝食を食べて大学へ出発することになります。配達業務には体力を使いますのでしっかりと朝ご飯を食べておいてください。大学で授業を受けたあとには午後の勤務があります。夕刊の配達は16時頃から勤務します。16時頃から1時間程度の配達が夕刊の業務になります。夕刊はチラシなどの配布がありません。そのため朝刊に比べて配達の準備に時間はかかりません。夕刊の配達が完了すれば1日の業務が終わることになります。