新聞奨学生体験記

新聞奨学生は学業と仕事を両立させる忙しい生活です。そのため多くの苦労があります。新聞奨学生を体験したことのある社会人に話を聞きました。経験者の多くは新聞奨学生の苦労を多く話します。やはり忙しい生活ですのでいろいろな苦労があります。このサイトでは新聞奨学生をするうえでの大変な点を紹介します。苦労話を知っておくと新聞奨学生の内容がよくわかります。しかし決して新聞奨学生の悪い点を紹介するつもりではありません。経験者の多くは新聞奨学生は大変だったと言いますが決して嫌ではなかったと言います。新聞奨学生の苦労は前向きな苦労であったと言います。前向きな苦労ですので恐れることはありません。みなさんも新聞奨学生で多くの苦労をするとたくさん成長することができると思います。苦労話をここから紹介しますのでみなさんもしっかり読んでほしいと思います。新聞奨学生の経験者は「早起きの苦労」、「配達の苦労」、「雨の日の苦労」、「高層階の苦労」を話します。これらの苦労話は多くの経験者に共通の話題です。新聞奨学生の生活は朝の4時には始まります。そのため毎日3時半には起床する必要があります。このような起床時間は大変厳しいものです。多くの人がまだ寝ている時間に起床することは苦しいことです。このような起床の苦労を多くの経験者が語ります。また、新聞奨学生はひとりで多くの新聞を配達します。平均するとひとりで150件から200件前後の配達を担当します。このような多くの配達先を暗記することは難しいことです。そのためにはコツがあります。このサイトでは新聞配達の配達先を暗記するコツを紹介します。このコツは経験者が話した内容ですのできっと役に立つ内容だと思います。そして配達は毎日ありますので雨の日の苦労があります。嵐の日でも購読者のために新聞を配達する必要があります。これは大変なことです。台風の日でも配達しますので苦労が大きいです。高層階の住宅に配達する場合でも苦労が発生します。高層階への配達は身体が疲労します。このような苦労話を多くの人が語ります。