やっててよかった新聞奨学生5 社会に貢献できる

大学生のなかには新聞奨学生をしながら大学に進学する人がいます。新聞奨学生は経済的に自立した生活を送ることができます。保護者に頼ることなく大学に進学できますので大きな魅力だと言えます。新聞奨学生のメリットが多くあります。そのなかでも大きなメリットは経済的な余裕が生まれる点です。新聞配達の業務に対して給料がもらえますので毎月の生活費に困る心配がありません。また、新聞奨学生には精神的なメリットもあります。このようなメリットのひとつが社会貢献できるという点です。新聞奨学生をすることによって社会貢献へとつながることになるのです。このページでは新聞奨学生のメリットのひとつとして、社会に貢献できるという点を説明します。人間はお金だけでは生きることができません。社会に貢献していると心の余裕がうまれます。しっかり内容を理解してほしいと思います。みなさんは新聞を読んでいますか。現代の社会はマスメディアの効果が大変大きな社会です。マスメディアはテレビやラジオ、新聞などの媒体のことです。世の中の出来事や関心事を多くの人に伝えることができる有益な機関です。民主主義のシステムを維持するためにはマスメディアは大きな役割をもっています。そのなかでも活字のメディアである新聞はとくに特殊な役割をもっています。活字は長い期間残ります。活字はじっくり読むことができます。じっくり読めますので人間の思考に役立ちます。じっくり時間をかけたほうが思考の幅は広がります。そのため安易な雰囲気に流されない思考を生むことができます。こうして新聞を利用することによって民主主義の社会が熟成されることになるのです。新聞奨学生は毎日、新聞を配達します。多くの人に新聞を届けることが新聞奨学生の仕事ですのでマスメディアを下支えすることになります。新聞奨学生の仕事はこのような点で有益ですばらしい仕事だといえます。ただお金をもらうだけでなく、社会に貢献できる新聞奨学生の仕事はなかなか他にはない仕事です。