新聞奨学生体験記5 高層階の苦労

新聞奨学生にはたくさんの苦労があります。人間には苦労がたくさんあるほうがその分幸せも多いといいます。だから苦労は悪いことばかりではありません。苦労は良いことであると思います。しかし想定外の苦労があるとわたしたちは疲れてしまいます。新聞奨学生になる前に新聞奨学生の苦労をしっかり理解しておくことがうまく仕事をやっていくためのコツだと思います。このページでは新聞奨学生の苦労話を紹介します。たくさんある話のなかでも「高層階の苦労」を紹介します。しっかり理解してほしいと思います。新聞配達では玄関先まで新聞を配達します。朝に玄関に朝刊が届いているとすぐに新聞を読むことができます。だから朝刊は各家庭の玄関先まで配達されます。購読者にとってはうれしいことですが配達者にはつらいことです。新聞奨学生は毎日配達します。1階の家にも10階の家にもすべての家に新聞を届けることが新聞奨学生の仕事です。すべての家が1階にあれば配達の苦労は減りますね。階段を上る必要がありませんので疲労もありませんし短い時間で配達を完了させることができます。しかし都会では1階建ての家ばかりではありません。場所によってはマンションなどの高層建築ばかりのところもあると思います。このような場合には新聞奨学生は大きな苦労を背負います。10階建てのマンションの場合には10階まで上る必要があります。エレベーターを使用する方法もありますが毎回エレベーターを利用していては時間がかかります。だから多くの新聞奨学生は階段を利用すると思います。10階分を階段で移動することは体力を使う作業です。階段は足腰を疲労させますので身体に大きな負担がかかります。このような苦労話を多くの経験者が話します。昔はエレベーターがないマンションも多くありました。その点では今の新聞奨学生は少し楽になったと思います。しかし高層階の苦労を経験すると身体が鍛えられます。仕事で鍛えた筋力はなかなか衰えることがありません。新聞奨学生をがんばって強い身体を手にいれるのも良いことだと思います。しっかりと新聞奨学生をがんばってみましょう。