読売新聞の新聞奨学生制度

新聞奨学生の制度は各社によって違う点があります。それぞれの特徴を知ってから新聞奨学生に申しこみをしましょう。このページでは読売新聞の新聞奨学生制度を紹介します。奨学金や給料の制度を事前に確認しておくことが肝心です。しっかり制度について勉強をしてください。まず読売新聞の制度では大学入学から卒業までの学費の心配をする必要がありません。基本的に大学の学費は全額を貸与してもらえます。そのため自分で学費を負担する心配がなくなります。これはとてもうれしい制度だといえます。学費の貸与のほかに新聞奨学生は給料をもらうことができます。これが新聞配達の業務に対する給料です。この給料を利用して毎月の生活費にあてることができます。保護者の負担はたいへん小さくなると思います。読売新聞の新聞奨学生制度はAコースとBコースにわかれます。Aコースは朝刊と夕刊の配達、集金の業務、新聞のPR業務、その他の事務作業などが業務内容になります。Aコースでは1日6時間程度の勤務時間になります。Bコースでは朝刊と夕刊の配達、新聞のPR業務、その他の事務作業などが業務内容になります。BコースはAコースから集金の業務を抜いたものです。Bコースでは1日あたりの平均勤務時間は5時間程度です。AコースとBコースでは返済免除額と毎月の給料の金額が変わります。Aコースの場合ですと4年間で480万円分の返済免除枠が設定されます。1年間あたり120万円の学費負担がなくなる計算です。国立大学の場合ですと1年間の学費は60万円程度、私立大学の場合でも120万円あれば多くの大学の学費をまかなうことができそうです。Aコースを利用すると保護者の学費負担はほとんどなくなるといえます。Aコースでの毎月の給料は15万円前後になるようです。またBコースでは4年間で400万円の返済免除枠が用意されています。1年間あたり100万円の学費をまかなうことができます。文系の私立大学の学費程度だと自分の負担はなくなるのではないでしょうか。Bコースでの給料は毎月12万円前後です。どちらのコースでの毎月の給料は学生にとって充分な金額があるといえます。食費や衣服代などを給料でまかなうことが可能だと思います。無駄遣いをしなければ新聞奨学生の仕事だけで生活をやっていくことができます。さらに年に2回の賞与をもらうこともできます。Aコースの場合だと1回の賞与額が5万円程度です。Bコースの場合ですと3万円程度の賞与です。賞与がもらえますので自由に利用できるお金が生まれます。学生にとってはとてもうれしいものだと思います。このような特徴が読売新聞の新聞奨学生制度にはあります。