新聞奨学生の給料

このページを読んでいる人の多くは新聞奨学生に興味や関心がある人だと思います。新聞奨学生に関する情報のなかでも給料についての情報は大きな関心事であるはずです。新聞奨学生は自分の給料で毎月の生活をやっていく必要があります。新聞奨学生の場合は学費の負担はありません。しかし学費以外にも学生生活のなかで必要なお金はたくさんあります。衣服代や食費、遊興費など多くの出費があると思います。これらの毎月の出費は自分の収入でまかなう人がほとんどでしょう。新聞奨学生は保護者に頼らずに自分の力で生活をやっていこうと考えている場合が多いです。このページでは新聞奨学生の収入についての説明をします。新聞奨学生が販売店からもらえる毎月の収入に関する情報を紹介しようと思います。大手の新聞社が用意している新聞奨学生制度では多くの場合、2つの勤務パターンがあります。集金業務のあるパターンとないパターンに分類できます。集金業務がある場合のパターンの業務内容は朝刊と夕刊の配達業務、集金業務、新聞のPR業務などです。この勤務形態の場合は平均すると毎月15万円程度の収入になると思います。また、集金業務がないパターンでは配達業務と新聞PR業務が主な仕事になります。このパターンでは毎月12万円程度の収入になると思います。この収入額から所得税などの税金が引かれた金額が毎月の手取りになります。新聞奨学生になりますと最低でも毎月10万円以上の収入を期待することができるでしょう。1ヶ月で10万円あれば、ある程度の学生生活をおくることができると思います。無駄遣いをしないことに気をつけておけば、自分の力だけで学生生活をすすめることが可能ですね。新聞奨学生には毎月の収入のほかに年に2回程度のボーナスもあります。多くの会社で皆勤の場合に満額のボーナスが支給されます。毎日の配達業務は大変だと思いますが皆勤で勤務すると収入が少し増加します。趣味の費用などにボーナス収入をあてることができます。がんばって勤務をしてください。