新聞奨学生体験記4 雨の日の苦労

新聞奨学生には多くの苦労があります。人間には苦労が多いほうがその分幸せも多いといいますので良いことであるとは思います。しかし予想外の苦労があると人間は疲れてしまいます。新聞奨学生になる前に新聞奨学生の苦労をしっかり理解しておくことがうまく業務を進めるためのコツだと思います。このページでは新聞奨学生の苦労を紹介します。たくさんある話のなかでも「雨の日の苦労」を紹介します。しっかり理解してほしいと思います。新聞奨学生は知っているように新聞配達の業務を毎日行います。毎日業務を行いますので当然雨の日もあります。雨の日だけ新聞が来なくなったら困りますよね。新聞は前の日も嵐の日も休むことなく発行されます。新聞奨学生はそのため毎日配達する必要があります。だから多くの新聞奨学生経験者が雨の日の苦労を語ります。雨の日の配達にはどんな苦労があるのでしょうか。ここからは新聞奨学生経験者の体験談を紹介します。みなさんの参考にしてください。新聞は配達先が多いでのだいたいの場合はオートバイでの配達になります。オートバイは便利ですが速度が出るので自転車より危険な場合があります。雨の日にはスリップが多くなります。オートバイは速度が出るので予想していない場所でのスリップがあります。雨の日には金属のマンホールの上ではスリップの危険があります。新聞はある程度の重さがありますのでバランスを崩す危険があります。そのため雨の日にはスリップします。雨の日の苦労のひとつが雨の日の危険です。多くの経験者がスリップを経験したことがあります。新聞がこぼれてしまいますのでもったいない事態になります。また、雨の日には新聞奨学生自身が濡れます。どれだけカッパを着ても濡れてしまいます。オートバイでは速度がでるのでふつうの雨の日でも雨が体のなかに入ってきます。濡れると風邪をひきます。このような苦労を多くの経験者が語ります。最近では雨の日の完全防備のカッパなどがあります。もしもの場合にはこのようなカッパを準備しておくことが良いと思います。