やっててよかった新聞奨学生1 時間の使い方が上手くなる

新聞奨学生になるといろいろなメリットがあります。たとえば新聞奨学生は時間の使い方がうまくなります。ふつうの大学生は時間にルーズになる傾向にあります。ひとり暮らしの学生の場合は親の監視がなくなります。そのため毎日の生活が自由になります。大学生は時間を自由に使えますので寝る時間や起きる時間が不規則になります。深夜まで友人と遊んでいたりして寝る時間が遅くなります。寝る時間が遅くなると当然朝起きる時間が遅くなります。遅い時間に起床すると大学の授業への遅刻が増加します。最近は大学でも厳しいですので遅刻回数のチェックが厳格になっています。規定回数以上の遅刻をしてしまうと単位の取得ができなくなります。このようにして多くの学生が単位を落としてしまい、結果として留年や卒業延期などの事態になってしまいます。留年をすると1年間余分に通学することになりますので学費が余計にかかります。保護者への負担も大きくなってしまいます。時間に関する気持ちはきっちりしておいたほうがよいです。その点、新聞奨学生の生活では時間の使い方がうまくなります。新聞奨学生の生活には新聞配達の業が毎日あります。新聞配達は朝刊の業務が朝の4時頃から始まります。そのためには3時半には起床する必要があります。最初は厳しいですが毎日の習慣に早起きをしてしまうと楽に早起きができるようになります。人間の生活は起床時間を正確に決めてしまうと規則正しい生活になります。そのため新聞奨学生の生活は規則正しいものになります。早く起床できない場合は勤務できません。勤務をするために新聞奨学生は必ず早起きをするようになるのです。規則正しい生活をしていくと自然と毎日の時間の使い方が上手になります。時間の意識が生まれますので時間の無駄遣いが減少します。短い時間で何か行動をしようという考え方が出てきます。時間の使い方に不安がある学生さんは新聞奨学生の制度を利用して大学生活を送ることもよいことだと思います。